yamauchi-cycle

SCOTT FOIL30

少し前から仮組みにしていたFOIL30のワイヤーがどう見ても長かったので、いったんバラして・・・

 

 

今回のSCOTT FOILは前回のADDICTの軽量から路線を変えてエアロロード!

 

普通エアロといえば、翼断面の横から見れば一目で分かるフレームですが、

このフレームは横剛性とエアロで軽量化を同時に達成!

空気抵抗は侮れません。

時速30km/h以下でも十分に影響を受けています。

いわゆるカムテール理論、辿り着くべくして辿り着いたと言ったところでしょうか・・・

 

空力・テクノロジー・ラインナップに関してはSCOTTでご覧下さい。

 

そしてFOIL30は台数限定にしてこのカラーリング!

コンポーネントはSRAM RIVAL、軽量化に一役買っています。

ハマってますね!

 

この状態で約7.5kg

 

 

 

 

ただ、完成車で届いたモノはワイヤーがそのままでは長すぎるんです・・・

見た目が・・・

 

この状態から・・・
この状態から・・・
ワイヤーのルートも確認
ワイヤーのルートも確認

スラムのBBが付いていいる場合、

このフレームはBBをいったん外したほうが簡単らしいので、

横着せず素直に外してしまい、

ついでだったんで、全部7900DURA-ACEに組み替えてみました・・・
ついでだったんで、全部7900DURA-ACEに組み替えてみました・・・

 

好き勝手に7900・DURA-ACEに組み替えてみましたが、

軽量・空力・カッコイイ!っと3拍子揃ったので、僕が乗ります。。。

 

 

まぁ、はじめからそのつもりなんですが・・・

 

 

 

 

 

 

カムテール理論、

前からあったモノでしょうが13年モデルは他メーカーも手を変え品を変え、

12年モデルで出してなかったトコロが出してくるんでしょうね。

 

秋の展示会なり次の発売のサイクル誌にも、

似た断面のモデルがゴロゴロ登場したりして・・・

 

 

 

 

 

 

今思えば、CR-Xもそうだったんだろうか。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    フクダ (水曜日, 11 7月 2012 00:16)

    えぇ~~と、こちらに書かせてもろうたらええんでしょうか?
    ちょっと乗らせてもらった感想ですが…

    正直なところセッティングが全然合わなかったのでよくわかりません。振動吸収性はよさそうですね。
    役に立たなくてごめんなさいm(_ _)m

  • #2

    yamauchi-cycle (木曜日, 12 7月 2012 09:15)

    フクダさん、コメントをありがとうございます。
    セッティング、体格が違いすぎですよね。
    ぜひ、次のモデルはコレで・・・

  • #3

    めい (金曜日, 03 8月 2012 14:17)

    おおっ!あのニューバイクですな
    アルミみたいだが・・カーボンなのですね
    シートステイが低めについてランドナーでよく見られるクロスドシートステイっぽいのがカッコエー
    剛性向上のための工作なのでしょう

  • #4

    yamauchi-cycle (金曜日, 03 8月 2012 22:12)

    めいさん、書き込みありがとうございます。
    すべては空力のための形状です。
    剛性感はバッチリ感じる事ができますよ~!