yamauchi-cycle

よさげなライト、AKSLEN コブラ(HB-122) ・ 他

今回、ユニコより明るいライトが入荷しました。

AKSLEN コブラ

 ~世界最高の明るさを実現! 次世代の自転車ライト~

 

AKS_2J01

http://www.unico-jp.com/new_item/bikelight/1054/

AKSLEN コブラ(HB-122)

税込3,990円

単3乾電池×2

3モード(フルパワー / シティエコ / 点滅)

点灯時間 フル5h / シティエコ 18h / 点滅54h (アルカリ電池使用時)

明るさ   1500カンデラ(フルパワー) / 550カンデラ(シティエコ)

       [15ルクス/10m(フルパワー)]

 

 

AKS_2I01 

http://www.unico-jp.com/new_item/bikelight/1064/

AKSLEN ダブルアイ(HB-112)・コブラの兄弟商品

税込3,402円

単3乾電池×2

3モード(フルパワー / シティエコ / 点滅)

点灯時間 フル10h / シティエコ20h / 点滅40h (アルカリ電池使用時)

明るさ   1000カンデラ(フルパワー) / 500カンデラ(シティエコ)

       [10ルクス/10m(フルパワー)]

 

 

 

ココのライトは他メーカーがアルカリ単3×4本だったり2本のところを

半分の本数で同等の明るさを実現しています。

そのかわり、照射時間は半分ですが・・・

 

というのも、

通常のライトはだんだん暗くなっていって、

前照灯などに使える明るさはとっくに無くなっているけど、 前からは見えるからまぁいいかな?

なんて具合に電池をいつ替えようかといった状況で使い続けてると思うんです。

 

それがこのメーカーのライト(全種類ではない)は、昇圧・安定回路が内蔵されているため、

電池が減っても明るさが維持されて最後まで電池を使いきることが出来ます。

電池が切れる前にはインジケーターが知らせてくれるので、

いきなり終了といった事もありません。

 

日亜のLEDとカメラのレンズメーカーの組み合わせだから

照射パターンも明るさも文句ナシです。

 

テストしてみました。

 

左は10年ぐらい前?のCAT EYE・HL-EL300です。

発売当時は旧式ライトの電池代に悩まされていたので、

画期的で明るさもコストも確保でき喜んだモンでした。

ヒビも入ってそろそろ限界です。

右がHB-122です。

 

左がEL-300

  紫がかった色合いでスポット的ですね。

 

右がHB-122 シティエコ・モード

  自然な白さですね。

この時点でHB-122のほうが明るいようです。

 

 

 

HB-122 フルパワー・モードです。

この時点で圧倒的ですね。

 

10年前?のライトと比べたらダメですけどね・・・

 

これはいいですよ!

おひとついかがですか。。。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    たけい (日曜日, 26 2月 2012 22:12)

    コンパクトですね~。
    これならメーター感覚で持ち歩けそうw

  • #2

    yamauchi-cycle (月曜日, 27 2月 2012 09:14)

    たけいさん、毎度です。
    コンパクトさで言えば、ダブルアイ(HB-112)ですね。
    見た目もショートサーキットのナンバー5みたいでいいでしょ!
    (古すぎるか・・・)

  • #3

    めい (月曜日, 19 3月 2012 13:02)

    おおっ・・なんか良さ気なライトが・・
    いろいろライトは試したが今のところ「ジェントス閃」が私的には最高です(;゚∀゚)=3
    が・・きになるな(;´∀`)

  • #4

    yamauchi-cycle (月曜日, 19 3月 2012 23:26)

    めいさん、コメントをありがとうございます。
    HB-122も自転車専用ライトとしては優秀ですよ~!